こんな巨大彫刻がマカオにあるんです

この巨大彫刻はポルトガル人のDorita Castel Brancoさんによる作品で1984年にできました。「大型浮雕」と呼ばれていて、マカオとタイパを結ぶ3本の橋のうち中央にある「嘉樂庇大橋 / 澳氹大橋」のすぐ南にあります。新しく設置された小潭山のエレベーターのそばにあります

小潭山のエレベーターを登りこの道をしばらく進みます

小潭山のエレベーターを登りこの道をしばらく進みます

するとこの彫刻が目の前にあらわれます

するとこの彫刻が目の前にあらわれます

そのすぐ左手に小さな小道があるので進みます

そのすぐ左手に小さな小道があるので進みます

この上り坂を歩きます

この上り坂を歩きます

すると彫刻の真下のたどり着きます

すると彫刻の真下のたどり着きます

彫刻の下にこんな階段が

彫刻の下にこんな階段が

階段を抜けると外にでますが、トカゲがいました

階段を抜けると外にでますが、トカゲがいました

さらに階段があり、そこを進みます

さらに階段があり、そこを進みます

広場に到着しました。ここは小潭山2000というトレイルコースの入口です

広場に到着しました。ここは小潭山2000というトレイルコースの入口です

関連タグ:巨大彫刻マカオ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2018-09-03

ページTOPへ▲

その他の記事を見る