スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ツアー・手配 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


マカオポルトガル旅情 (ランチ&エッグタルト付き) 【マカオ発着】

Macau One Day (Portuguese Nostlgic)KN2

閉店・移転、情報の修正などの報告

マカオ滞在中に参加するならお勧め!世界遺産の街並みを散策したり、マカオタワーに上ったりと半日で回るツアーです。

みなさんこんにちは、マカオナビです。世界遺産に登録されているものがたくさんあるマカオですが、たくさんあって1日では回りきれません。このツアーは世界遺産の中で一番重要といえる場所を訪れるポイントを押さえたツアーです。マカオ名物のエッグタルトと昼食でバイキングもつく魅力的なツアーです。

集合場所

集合場所の郵便局

集合場所の郵便局

このツアーの集合場所は、マカオフェリーターミナルの到着ロビーにある郵便局です。ロビーを出ると左手奥に赤い壁が見えますがそこが郵便局です。ガイドさんが立っているので名前の確認をしてください。全員が集まったところでバスのある駐車場に向かいます。
【注】マカオには2つフェリーターミナルがあり、ターボジェットフェリー利用、マカオ外港フェリーターミナル到着ロビーが集合場所です。タイパフェリーターミナルではありません。
ガイドさんに連れられてバスへ

ガイドさんに連れられてバスへ

バスに乗り込みます

バスに乗り込みます

聖ポール天主堂跡やセナド広場など

バスに乗ったら、ツアーガイドさんによる簡単なツアーの説明があります。そして最初の目的地である「聖ポール天主堂跡」に向かいます。天主堂についての歴史的背景などを教えてくれます。ガイドブックではわからない情報を知ることができるのがやはりツアーの良さです。天主堂の奥には「芸術博物館」がありそこに向かいます。メインは教会に従事した人の骨が納骨されているところです。さらに奥にはキリスト教ならではの銅像などが展示されている部屋があるのでそこを見学します。
次は天主堂の裏手にある「ナーチャ廟&城壁」に向かいます。なぜこの廟が立てられたのかという説明を受けるとマカオの激動の歴史を感じることができるでしょう。そしてナーチャ廟脇にある下り坂を降りると天主堂跡前の階段につながり、そこで記念撮影の時間となります。
大きな聖ポール天主堂跡

大きな聖ポール天主堂跡

本当に骨が見られます

本当に骨が見られます

天主堂裏にあるナーチャ廟

天主堂裏にあるナーチャ廟

こちらで記念撮影タイム

こちらで記念撮影タイム

聖ドミニコ教会の外観

聖ドミニコ教会の外観

撮影後、マカオの繁華街ともいえる大三巴街を歩いていきます。まだ早い時間帯なのでそれほど観光客は多くありませんが、両脇にある店を見ながら歩いていきます。しばらく歩くと「聖ドミニコ教会」に到着します。いかにも教会という荘厳な印象を与えてくれる建物です。そこからすぐのところにマカオの観光地のハイライトの1つ、「セナド広場」に出ます。広場は大勢の人賑わっているほか、憩いの場所だけにいつもイベント会場の設営風景を見ることができるでしょう。広場の周りにある「仁慈堂」の由来についても説明してくれます。そして、セナド広場向かいになる民政総署を訪れます。ここの入口は階段にきれいな花が咲いているのでここで簡単な記念撮影をします。
歩いているだけでも楽しい大三巴街

歩いているだけでも楽しい大三巴街

聖ドミニコ教会の内部

聖ドミニコ教会の内部

今は政府庁舎となった仁慈堂

今は政府庁舎となった仁慈堂

セナド広場の様子

セナド広場の様子

民政総署も世界遺産

民政総署も世界遺産

日本ではなかなかお目にかかれないタイプの建物です

日本ではなかなかお目にかかれないタイプの建物です

エッグタルトを試食

撮影後、目抜き通りである新馬路などを少し歩いてバスに向かいます。バスの中ではガイドさんがエッグタルトの元祖、ロードストーズのエッグタルトを1人ひとりに配ってくれますので本場の味を堪能してください。ちょっと歩いてきたので、そういう意味でもぴったりのタイミングです。たぶんどの方も外側の生地は対照的にパリパリとした食感で卵の風味と味がよく効いた味だと感じると思います。

媽閣廟

マカオで一番有名な廟である媽閣廟

マカオで一番有名な廟である媽閣廟

試食が終わりガイドさんの説明を聞きながら媽閣廟に向かいます。マカオで最も有名な廟です。ガイドさんはここで「何時に再びここに戻ってきてください」と集合時間を伝えてくれるので、それまで廟を好きに歩き回ってください。廟の中にあるらせん状の線香などに圧倒されるかもしれません。また、ここは観光地ですが廟ですので同じく線香をもって真剣に祈りをささげている人を見ることもできるでしょう。
媽閣廟に向かう道も趣があります

媽閣廟に向かう道も趣があります

中にはこんな石もありました

中にはこんな石もありました

マカオタワーへ

そしてバスに再び乗り「マカオタワー」に向かいます(希望によってはカジノに変更可)。到着後、マカオタワーに上るチケットをガイドさんに支払います(上りたくなければ購入しなくてもOK)。マカオタワーではマカオの景色と堪能するほか、運がよければガラス越しにマカオタワーで実施されているバンジージャンプの落下する様子を見ることができます。さらに上階に上がるとそこはバンジージャンプなどの受付がある半屋外の展望台。ここでガイドさんが再び集合時間を指定してくるのでそれまで自由に展望台を歩いてください。高さ223メートルからのマカオの景色と一緒に記念撮影もいいですし、バンジーをする人をみるのでもいいです。ベンチで休むのでもOKです。
エスカレーターで下りるとタワーの受付があります

エスカレーターで下りるとタワーの受付があります

マカオの様子

マカオの様子

こちらは半分屋外の展望台

こちらは半分屋外の展望台

バンジージャンプを下りるのを待っている人

バンジージャンプを下りるのを待っている人

バイキングスタイルのランチへ

タワーを満喫した後、バスに乗り込、ランチをするメトロパークホテルに向かいます。移動中にポートワインやエッグタルトなどのお土産のチラシが配られるので必要な方はガイドさんに伝えます。ランチはサラダ、肉類、麺類、デザート盛りだくさん。ポルトガルスタイルのチキンから中華までさまざまですので全部食べるとお腹いっぱいになることでしょう。
メトロパークホテル

メトロパークホテル

魚のフライ

魚のフライ

中華スタイルの麺類

中華スタイルの麺類

デザートもあります

デザートもあります


いかがでしたか? このツアーは、世界遺産の大事なところとエッグタルトを食べられるのでマカオを効率よく回りたい方にぴったりのツアーといえそうです。昼食後、フェリーターミナルに戻ることもできますし、ホテルでツアーを終えて別の観光地に向かうことも可能なのです。以上、マカオナビがお伝えしました。

記事登録日:2015-01-26

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    ハヤシ タツヤ

ページTOPへ▲

送迎場所

集合場所

マカオフェリーターミナル到着ロビー 郵便局前(赤いオフィス)
※お帰りも、マカオフェリーターミナルまでお送りいたします。

スケジュール

時間 内容
09:55   マカオ外港フェリーターミナル到着ロビー 郵便局前(赤いオフィス)

★マカオには2つフェリーターミナルがあり、ターボジェットフェリー利用、マカオ外港フェリーターミナル到着ロビーが集合場所です。タイパフェリーターミナルではありません。
10:25 聖ポール天主堂跡・旧城壁・ナーチャ廟・聖ドミンゴ教会・仁慈堂(外観)・セナド広場
11:15 マカオ名物エッグタルトをご試食(おひとり様一個)・媽閣廟
11:45 マカオタワー周辺散策
マカオタワー展望台での見学ご希望の方は、実費を現地にてお支払いください。
13:00 市内レストランにて昼食
(インターナショナルビュッフェの昼食)
14:30 昼食後コタイ地区ホテル群ご案内
(ベネチアンショッピングモール、シティーオブドリーム、ギャラクシーのいずれかにご案内)
15:20 コタイ地区ホテル出発、自由解散
16:00/16:15 マカオフェリーターミナルにて解散
※ベネチアンでの解散も可能です。

注意事項、その他条件

※21歳未満の方はマカオのカジノ入場禁止です。
21歳未満で入場した場合、罰金1万パタカと、すべての掛け金、勝ち金が没収されます。
※ご希望の方は、マカオタワーの代わりにカジノへ変更可能です。
カジノ内にてガイドによる案内はございません。
※媽閣廟の見学に関して
2016年2月に発生した媽閣廟聖堂『正覚禅林』の小火による、堂内修全工事は2017年4月頃完了予定です。現在『正覚禅林』の内部の見学、一部堂内が拝観できなくなっていますので予めご了承ください。それ以外の神堂は通常通りご見学頂けます。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-05-04

利用日
大人 子供

関連記事

マカオタワー

マカオタワー

ギネスブックにも登録される高さからのバンジージャンプや映画館、マカオ限定キャラクター土産も揃う娯楽施設

セナド広場

セナド広場

マカオ観光の出発はここから歩き始めよう。ポルトガル風の石畳とパステルカラーの建築物が美しい、小さな広場

仁慈堂大楼

仁慈堂大楼

昼のみならず、ライトアップされた夜も美しい仁慈堂ビル。セナド広場を上から見下ろすことができる博物館もぜひ訪れてみて

ナーチャ廟、旧城壁

ナーチャ廟、旧城壁

聖ポール天主堂跡の脇にひっそりとたたずむ2つの世界遺産。西洋の教会の横にある中国寺院と、ポルトガル人が作った要塞の一部

聖ドミニコ教会

聖ドミニコ教会

クリームイエローの壁と緑のドアが美しい、別名「バラ教会」。教会内でクラシックコンサートが開かれることもあり

媽閣廟

媽閣廟

1488年に建立された、マカオ三大古廟のひとつ。大殿の円窓から阿媽様が静かに海を見つめて、航海の無事を祈念している

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

マカオの代名詞でもある聖ポール天主堂跡。残存するファザードから、当時の美しく壮大な姿を想像してみたい

世界遺産とカジノの街「マカオ」に行こう!

世界遺産とカジノの街「マカオ」に行こう!

香港からちょっと足を伸ばせば、そこには世界遺産にも登録される!歴史に彩られた、のどかな世界があります!