スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


来来スーパーマーケット

Royal Supermarket來來超級市場

閉店・移転、情報の修正などの報告

「マカオ人のスーパーマーケット」をモットーに、店舗をどんどん拡大し続けるスーパーマーケットの大手チェーン店

みなさんこんにちは、マカオナビです。マカオに観光するとしても飲み物や食べ物が必要となりますね。コンビニエンスストアで買ってもいいですがそれでは品揃えとしてちょっと足りない。もし住んだり、長期滞在することになればそれこそスーパーマーケットの存在は欠かせません。来来超級市場(Royal Supermarket)はマカオ市民の台所といえるスーパーマーケットです。

マカオ市民のためのスーパーマーケット

1997年に誕生した来来は「マカオ人のためのスーパーマーケット」と標榜しているほどで、30の支店を持つ巨大スーパーに成長し、マカオのスーパーマーケット市場の3割を占めているといわれています。事業をどんどん拡張して今では電器、薬局、家具などの分野にも進出しています。2013年には別ブランドで高級素材を扱うスーパー、2014年にはマカオでの日本食ブームにのって日本の商品ばかりを扱う店もオープンするなどさらなる成長が続いています。

何が売られているの?

店内は日本のスーパーと同じような感じです。野菜エリアを見るとキュウリ、トマト、ナスなどおなじみの野菜のほか芥藍など中華系でよく使われる野菜もあります。その横には、豚肉、鶏肉、牛肉が売られています。値段はパッケージなどによるので一概に言えませんが、日本より安いと断言しておきます。そのお隣にはお惣菜は中華料理のお惣菜がたくさん並べられていて、大体25パタカ前後で売られています。
お菓子を見てみましょう。日本のクッキーがあったり、キットカットのような有名チョコレート、ガムなど品揃えは日本と大きく変わりません。袋入りのキャンディーなどもたくさんあります。
缶詰などもたくさん売られています。ツナ、コーンビーフ、魚の煮付けなどさまざまです。こちらのラインナップを見ると包装からして日本のものとは違うという印象を受けるかと思います。カップラーメンは地元中華のもの、韓国のカップラーメンもありさまざまです。ふかひれ味のカップラーメンは中華圏独特の商品といえるかと思います。ホテルでゆっくりするときカップラーメンを食べる人もいるかと思いますが、気になる値段は10パタカ前後です。
ホテルに持ち込むであろう飲み物は、お茶、コーヒー、コーラなど何でもあります。日本で言う500ミリリットルのペットボトルサイズ(マカオの場合メーカーによって差があります)ですと10パタカくらいです。ビールですと日本のキリンやサッポロ、アサヒのビールからカールスバーグなどの世界的に有名なビール、青島などの中国のビールと幅広くあります。値段は500ミリリットル缶(こちらも日本と違い実際の量が違います)6パタカくらいですので圧倒的に日本より安いです。ワインはお土産に最適ですが、フランス、イタリア、チリなど幅広くあります。また価格も数十パタカから数百パタカまでいろいろ。お好みのワインが見つかると思います。
お肉とお惣菜

お肉とお惣菜

中華料理の素材

中華料理の素材

日本のクッキー

日本のクッキー

陳列がちょっと汚いのはご愛嬌

陳列がちょっと汚いのはご愛嬌

フカヒレ味のカップラーメン

フカヒレ味のカップラーメン

様々なソフトドリンク

様々なソフトドリンク

缶コーヒー。左下は日本のBOSS

缶コーヒー。左下は日本のBOSS

ワインの品揃えも豊富で迷ってしまいそうです

ワインの品揃えも豊富で迷ってしまいそうです

ビールもビンと缶の両方

ビールもビンと缶の両方

もちろん冷凍食品もあります。こちらはシューマイなどの飲茶が目に付きます。さすが中華圏の国。電子レンジや蒸したりして食べるそうで15パタカ弱の値段です。もう1つ生活に密着したもので言えばしょうゆなどの調味料ですが、その中でお土産の穴場としてお勧めなのがオイスターソースです。日本にはあまり売っていないので喜ぶ人もいるでしょう。小さいサイズで15パタカ弱です。お土産といえば、マカオのクッキーなども販売されていますが、ナビはお菓子系のお土産はこういったスーパーではなくお土産店で買うことを推奨します。
敷地面積が大きいスーパーですと、食器、文房具、雑貨、ポンプ式のシャンプー、ボディソープが売られています。また、上記に書いたように、来来と看板が掲げられていますが家電などのお店ということもあるのでそこだけはお気をつけください。
缶詰類

缶詰類

冷凍食品もいろいろ

冷凍食品もいろいろ

マカオのクッキー

マカオのクッキー

オイスターソース

オイスターソース

ひげ剃り

ひげ剃り

食器は無数にあります

食器は無数にあります

こちらはシャンプー

こちらはシャンプー

雑貨も豊富な品揃え

雑貨も豊富な品揃え

支払いとレジ袋

支払いは日本と同じです。現金やクレジットカードなどが使えるほか、マカオパス(バス料金支払いで使われる非接触型ICカード)も使用可能です。同店のメンバーカードJetsoというのがありますが、これはマイレージみたいなサービスで一定のポイントがたまるとさまざまな特典が得られます。香港はスーパーマーケットでレジ袋をお願いすると50セント徴収されますがマカオは無料です。

いかがでしたか? スーパーにいけばそれなりに必要なものが買えますし、またマカオ市民の生活もかいま見ることができます。それだけでもちょっとした観光といえるかも知れませんね。以上、マカオナビがお伝えしました。

記事登録日:2015-03-10

ページTOPへ▲

関連タグ: 来来超市

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-06-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供