スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


ロード・ストウズ・カフェ (マカオ)

Lord Stow’s Café安徳魯??店

閉店・移転、情報の修正などの報告

元祖マカオの葡撻(エッグ・タルト)店が経営するカフェ。人気のスイーツをゆったり流れる時間の中で堪能して下さい。

こんにちは、香港ナビです。マカオ観光の定番と言えば、豪華ホテル、カジノ、世界遺産とこんな感じでしょうか?でも、もうちょっと違ったマカオを感じてみたいという方や、マカオは2回目、3回目で、ありきたりの場所では物足りないというリピーターの方々にお勧めしたいのが、元祖マカオの葡撻(エッグ・タルト)店の系列カフェ、『安徳魯咖啡店(Lord Stow’s Café)=ロード・ストウズ・カフェ』でのティータイムです。市内から少し離れたコロアン島にあり、ついでというよりここへ行くことが目的でないとなかなか行けない場所にあります。観光旅行というと時間を惜しんでしまいがちですが、時にはランチやカフェブレイクのために、ゆったりとした時間を楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。早速、行ってみましょう!

コロアン島の繁華街、といっても閑散としています。カフェは海沿いにあり、シャビーな喫茶店といった感じ。近くには聖フランシスコザビエル教会もあって、観光客のみならずドライブや散歩がてら訪れる地元のお客さんも多いようです。

こぢんまりとした店内

どこに座っても店内すべてを見渡せる16席ほどの広さですが、赤いソファや背の高い椅子がモダンで、とっても居心地がよいお店です。西洋人の常連客や近所の人々、そして中国人観光客が混じったユニークな客層でした。
日替わりスープやサラダなどお薦めメニューは、毎日ボードでお知らせされます。
ノンカフェインやオーガニックの茶葉やハーブを使用した飲み物が人気で、店内にもディスプレイされています。
サラダやサンドイッチにトッピングする食材は直接選ぶこともできます。
自慢のエッグ・タルトやパンは、近くのベーカリーから焼きたてをが随時運んできます。

人気のパンメニュー

ポルトガルの伝統的なスイーツも有名ですが、オーダーメイドのイギリス式サンドイッチやポルトガル式のパイも人気なんですよ。今回は自慢のサンドイッチをご紹介します。

パンプキン&コーンスープ MOP16
こちらのパンプキンスープは日替わりスープです。今日のスープは店内のボードに書かれています。
粒々コーンがたっぶり入っています。濃厚なのに、味があっさりしているのはコーンのテイストがうまくマッチしているからかしら?
付いているパンは、やわらかくふかふかでもっちりの食感が最高。生地にハーブが入っていてちょっとイタリア風かな?

イギリス式ハム&チーズサンドイッチ MOP27
このお店自慢のイギリス式サンドイッチは中身を好みに合わせて選べるので、いろんな組み合わせを楽しむことができます。今回は程良くトーストされたライ麦パンに、ハム&チーズを挟んだオーソドックスでシンプルなサンドイッチを選んでみました。スモーク風のハムは適度にボリュームがあって、見た目よりもはるかに食べ応えがありますよ。
添えられているコールスローは、新鮮な野菜がサクサクっとして美味です。ほんのり効いたドレッシングの酸味がまたまた食欲をそそります。

スモークサーモン&クリームチーズのベーグルサンド MOP35
かりかりっと焼いたあっさり目のベーグル(本格的なNYスタイルのベーグルは、どちらかというとどっしり重みのあるしっとりしたタイプでナビは結構そちらも好きなんですが)に、厚めに切ったスモークサーモンとクリームチーズがよくマッチしています。どんどん食べられそう。(自分の食欲が怖い、ナビでした!?)

カフェですから、コーヒーや紅茶類の飲み物も充実しています。また、オーガニックやノンカフェインのナチュラルティーなども取り扱っています。ヘルシーなメニューにぴったりですね。
カプチーノ MOP18
モカコーヒー MOP18

エッグタルト MOP7
ここへ来たら忘れてはならないのが葡撻(ボウダッ)。マカオの市街地でも食べられますが、ポルトガルの伝統菓子スパテイシュ・デ・ナタをよりリッチにして作ったという元祖の味が、やっぱり一番!香港のものよりも濃厚で、焦げ具合が香ばしいエッグタルトは、まさに究極のデザート!
中にはクリームがたっぷり。結構ボリュームがあるので食後のデザートにするなら、エッグタルト用にお腹にスペースを開けておくほうがいいかも。別腹でもちょっと苦しい??

他のショップも見逃せません

安徳魯餅店(Lord Stow’s Bakery)<br>住所:澳門路環市中心撻沙街1号地下<br>電話:(853)28882534

安徳魯餅店(Lord Stow’s Bakery)
住所:澳門路環市中心撻沙街1号地下
電話:(853)28882534

まずは、カフェのすぐ近くにある『安徳魯餅店(Lord Stow’s Bakery)ローズ・ストウズ・ベーカリー』。観光名所といってもいいくらい、観光客に人気のあるお店です。1ダース単位でエッグタルトを買っていく人がほとんど。でも、ひとりでそんなに買って食べられるのか…と疑問に思うのはナビだけでしょうか?あんまり、日持ちもしないだろうし…朝7時から夜10時までオープンというからすごいですね。
安徳魯花園咖啡店(Lord Stow’s Garden Café)<br>住所:澳門路環市區續街105号<br>電話:(853)28881851

安徳魯花園咖啡店(Lord Stow’s Garden Café)
住所:澳門路環市區續街105号
電話:(853)28881851

『安徳魯花園咖啡店(Lord Stow’s Garden Café)ローズ・ストウズ・ガーデン・カフェ』は、歩いて1分ほどのところにあり、サンドイッチやサラダ、ベイクドポテトなど食事メニューが充実しています。ガーデンというだけあって、中庭にオープンテラスになっていて、そこにも20席ほどあります。グループで立ち寄るにはこちらの方が広くていいかもしれません。

いかがでしたか?マカオのおみやげ&スイーツを代表するエッグタルトの元祖は、意外にものどかでゆったりした環境から生まれたんですね。とってものんびりとした時間を過ごせて足を延ばした価値がありますよ。ぜひ、立ち寄ってみてください。以上、香港ナビがお伝えいたしました。

記事登録日:2009-02-10

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    THIN

  • photo

    c-nao

  • photo

    c-nao

  • photo

    c-nao

  • photo

    c-nao

  • photo

    にいはお

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-02-10

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ロード・ストウズ・ベーカリー

ロード・ストウズ・ベーカリー

エッグタルトといえばここ、ロード・ストウズ。場所はコロアン島とアクセスは良くないにもかかわらず行列のできる店です